みんなのクレジットのメリット・デメリットまとめ【ソーシャルレンディング比較・評判】

2016年8月よりラッキーバンクにて10万円のお試しですが、ソーシャルレンディングを始めました。

他社についても比較検討してみようということで、
ソーシャルレンディング maneoに続き、今回は「みんなのクレジット」のメリット・デメリットについてまとめていきましょう。

みんなのクレジットとは?

みんなのクレジットは2016年4月サイトオープンし、本格的に始動。
最大利回り14.5%キャッシュバックキャンペーンが話題となっています。

fireshot-capture-6-%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99-i-%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ac

まだ一年未満の会社ですが、成立ローン総額 18億702万円(2016年11月現在)と順調に伸びています。
他のソーシャルレンディング会社とは違う独特の雰囲気を持ったサービスとなっています。

メリット1:最大利回り14.5%の高利回りを実現。

みんなのクレジットの最大の特徴は高い利回りです。

<その他のソーシャルレンディング利回り>
ソーシャルレンディング maneo:年5%〜8%
ラッキーバンク:年6%〜10%
SBI:年3.5%(証券担保ローン)、5.0%(不動産担保ローン)

平均利回りは7~8%と高く、最大14.5%は業界でも群を抜いています。

メリット2:大盤振る舞いのキャッシュバックが話題!

高い利回り以上に人を集めている要因が「キャッシュバックキャンペーン」です。

fireshot-capture-7-%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b%e8%a9%b3%e7%b4%b0129-i-%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88-https___m-credit-jp_news_d

投資金額に応じて、配当金+ボーナスが付くシステムになっています。
なんとも太っ腹ですね。

15万円以上の融資実行でも配当金+12,000円というのは魅力的です。

そして、新規口座開設で2,000円、初回に10万円以上の融資実行で4,000円
つまり、新規口座開設して、初回に15万円の融資を実行すると、+18,000円もらえちゃうということです。

・・・私は凄すぎて若干引いてます。胡散臭ささえ感じています。

本当に大丈夫?とご心配の方へ

あまりにも高いキャッシュバックで「なんか怪しいな」と感じる方。
正常なご判断だと思います。

詐欺じゃないか?とも思えますが、ご安心ください。
金融庁の免許・許可・登録等を受けている業者一覧リストにしっかり名前がありました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-20-51-47

出典:金融庁

登録事業者だから絶対に安全とは限りませんが、しっかりと審査されていることは事実です。
無登録で行っているFX会社などとは全く別ですので、一安心です。

メリット3:成約手数料・各種事務手数料が不要

次に成約手数料や事務手数料が0円というのも魅力です。
SBIなどは事務手数料として420円かかります。

成約・事務手数料の不要は業界最大手のソーシャルレンディング maneoやラッキーバンクも同様です。

メリット4:新米をお届け!?独特のサービスも

借り手の企業が、お礼の気持ちを込めて、
10万円以上の融資実行された方へ新米をプレゼントするという斬新な取り組みがありました。

%e6%96%b0%e7%b1%b3

他のソーシャルレンディングの会社ではまぁ見ない光景です。
この独特のサービスもみんなのクレジットの魅力の一つでしょう。

では次にデメリットもまとめていきます。

デメリット1:振込手数料と出金手数料がどちらも投資家負担

デメリットの中でも地味に気になるのが、
「振込手数料」と「出金手数料」のどちらも投資家の負担ということです。

例えば、ラッキーバンクは入金する際の「振込手数料」は投資家負担。
「出金手数料」はラッキーバンク負担となっています。

小さなことかもしれませんが、
一度投資して、一旦出金したいと思っても、手数料を考えると
口座に入れたままで次の機会を待とうかとも考えてしまいます。
(それが狙いなんでしょうか・・・そうならあざといですね・・)

魅力的な案件がなければ、他の会社で投資したいと考えますよね。
出金する際のお金は是非ともみんなのクレジット側で負担していただきたいものです。
キャッシュバックではなく細やかなサービスにお金をかける方が安心して利用できそうなものですが。。
ここは投資家の性格にもよりますかね。

デメリット2:10万円からの投資で他のサービスに比べて敷居が高い

さて、みんなのクレジットは基本的に10万円が最低投資金額です。
ラッキーバンクやmaneoは数万円からも投資できるため、若干見劣りする部分があります。

その他のサービスに比べてお試し感は低いのかも知れません。

デメリット3:担保の中身が動産担保も多い

ラッキーバンクは全案件不動産担保付きという特徴があります。
そのため、みんなのクレジット「全担保付き案件」といわれても、担保の中身が有価証券なども含まれる点が気になります。

不動産担保の場合は、貸し倒れが起きても、売却することができますが、
有価証券の場合、株式自体が下がっていると、元本すべてを満額保証することは厳しいです。

やはり実際の案件でも動産担保は案件成立まで時間がかかります。
そしてラッキーバンクなら数秒で満額になる不動産担保付きでも2〜3日はかかる印象です。

まだ会員数がそこまで多くないのか、
事前メール配信等を行っておらずユーザーが情報を仕入れるまで時間がかかるのか
そのあたりは定かではないですが、動産担保は不安要素の一つではあります。
もちろん担保なしほどのリスクではないですが。

デメリット4:問い合わせ対応等が煩雑で信用性に欠ける

これはあくまで2ch等の評判ですが、
「電話しても出てくれない」「キャッシュバックが振り込まれない」「運用詳細はコピペ」などなど・・
会社情報には社員9名と書かれていますが、対応が追いついていないのかもしれません。

運用詳細がコピペはまずいと思いますが。。
未成年者でも登録可能なサービスなので、保護者の同意が別途必要とありますが、
このサービスを未成年者に使わせるのは個人的に心配です。

みんなのクレジットのメリット・デメリットまとめ

みんなのクレジットまとめてみましたが、
良い面はとにかく「キャッシュバックや高い利回り」などのお金に関すること。
悪い面は顧客に対する誠意という面での対応がイマイチといった印象です。

口座開設だけでも2,000円のキャッシュバックなのでお時間があれば口座開く程度ならやってみてもいいかもしれません。
私自身も口座開設だけで、実際の投資は内容を見極めて考えたいと思います(今のままの対応では厳しいですが・・

 

※2017/3/1追記
しかし、始めて18か月運用予定が、半年で期日前返済となり、11,798円の利益が3,387円に目減りしてしまいました。
もっとさまざまな案件があって、自分の目を養いたいと考え始めて出会ったのが業界最大手のmaneo(マネオ)でした。

ソーシャルレンディング?知らなかった」という方には業界最大手「maneo(マネオ)」がオススメです。
興味のある方は是非!口座開設も口座維持ももちろん無料です。
口座開設すると、マイページでしか見られない情報や事前に案件お知らせメールが届くサービスもあります。

 

スポンサーリンク
NAOKO
最後まで読んでいただきありがとうございます。資産運用/不動産投資/株式投資/起業や法人運営をテーマにブログを書いております。

【お知らせ】主婦の方限定!副収入構築の無料サポートを始めました
http://freedom-life.net/post_lp/support/
YOU
ちょっあかーいたっあ−!(この記事が少しでもお役に立てた部分がありましたら、シェアいただけると嬉しいです)

ABOUTこの記事をかいた人

naoko

・合同会社BLEND 代表
・Webコンサルタント
・日本FP協会 AFP(Affiliated Financial Planner)
・投資家(株式、不動産)
福岡在住の29歳。
リクルートでの営業、やずやでの通販業務、(株)ペンシルでのコンサルティングを経験後、出産を機に退職。
子育てをしながら起業。
合同会社を設立し、IT関連の仕事をしつつ、株や不動産に投資し、資産運用に取り組み中。
現在の不労所得は月10万円